廃車買取の手続きはインターネットで簡単に申し込むことが可能

廃車

廃車買取で業者が調べる内容

軽自動車の廃車買取を業者に依頼したとします。訪れた業者は依頼者に挨拶をし、許可を得てから査定を開始してくれます。最初はボンネットを開けて、エンジン内部の状態を確認します。軽自動車のエンジンは見た目は小さいですが、意外と頑丈な作りになっているので、数年間放置した状態だとしても内部は維持できていることが多いです。
あと、業者によってはエンジンがかかるかどうかのチェックも行います。屋外に放置した状態ならかからない場合がほとんどですが、屋根がある所に置かれていた時は鍵が回って動くこともあります。動けばエンジンが使える証なので、査定結果に期待して良いです。
エンジンの後は工具を用いて車を持ち上げて、車の足回りの部品をチェックする目的で下に潜りこみます。雨の影響を受けにくいので、この部分は商品価値が残っている可能性が高いです。その後は、ボディの状態を見る目的で軽く叩いたりして状況の確認をします。鈍い音がする時はボディが劣化したと判断できますが、普通の音の時は価値が残っていると見てくれます。
タイヤを調べる時は、手で触って空気が入っているかどうかを調査します。パンクした状況ではなく4つともタイヤが使えるなら、査定の価格に上乗せしてもらえます。